「逝き方は生き方」学習会を開催しました。

10月13日(土)処々にて、徳洲会病院の在宅療養支援コーディネーターの
羽根田俊子さんに、「自分らしい暮らし」をするために医療や介護のサービスを
教えていただき、みなさんの逝き方=生き方について考えるきっかけのお話を
していただきました。
「小さな家 処々」の会場一杯に25名の方々が熱心に、まさに今抱えている事でとても参考になった
医療の現場が変わっている事を学びました等の感想が聞かれました。

その後は意見交流を行い今抱えている問題を話されました。

 

 

 

 

 

お昼ご飯は、
モロッコいんげんの胡麻和え
出し巻卵
かしわおにぎり
大根のお漬物
だご汁
みかん
皆さんセルフサービスで取っていただき、手作り
のご飯を頂きました。ご飯を皆で食べる楽しさは
格別です。「小さな家 処々」の恒例行事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です