私たちについて

住み慣れた町で 笑顔で 暮らしつづけたい

高齢になって

身体や記憶力が多少衰えたとしても

たとえ一人暮らしになったとしても

住み慣れた町で 笑顔で 暮らしつづけたい

多くの方々が抱くこの思い・・・私たち自身の願いも同じです。
しかし、高齢化が進む中で
かんたんに実現できることではなくなってきました。

1.家族の変化

昔はどこの家でも
2世代、3世代が同居して生活をともにしていました。
でも今では

高齢の夫婦二人暮らし
高齢の親と独身の子どもの二人暮らし
そして高齢者の一人暮らし
こうした世帯が増え、今後もさらに増えていきます。

2.介護保険の先行き不安

2000年に介護保険制度が施行され、
介護の「社会化」、つまり
家族からの解放がめざされてきました。
しかし、財政的な事情から、
介護認定を受けるのは徐々に難しくなりつつあります

3.孤立する高齢者

これらの結果として、
家族にも頼れない、
そして介護保険によっても救われない
「孤立する高齢者」が増えつつあると私たちは感じています。

元気なうちはなんとかなります。
でも、孤立したままだと
あっという間に限界がきてしまいます。

ちょっと手を貸してくれる人がいれば
まだまだ住み慣れた環境の中で暮らしていけるのに。

地域の中で助け合うしかない

昔のような大家族に戻すことも、介護保険の財源を増やすことも
いまや望むことはできません。ならば

地域で助け合うしかない

これもかんたんなことではありませんが
自分たちにも何かできることが
あるかもしれない
そう考えました。

2つの事業

こうした問題意識のもとに私たちは2つの事業をはじめました。

1つは
コミュニティ・スペース提供事業

2015年9月「小さな家 処々(ここ)」をオープン

地域の方々が気軽に立ち寄り、
食事をしたりお茶を飲んだりしながら
楽しく語り合う「場」。

まずは同じ地域に住む人と人とをつなぐ場が必要だと考えたからです。

処々に集うことがきっかけとなって、
地域の中で新しいつながりが生まれてほしい。

ただの貸しスペースではありません。
来るのが楽しみになるような美味しい手料理を提供しています。

そして、ここからみんなの居場所という新たな取り組みが生まれ
私たちの事業活動の柱の一つとなりました。

 

もう1つは
生活サポート事業

2016年4月「暮らしのサポート」スタート

介護保険を使わずに
高齢者の日常の中のちょっとしたお困り事を
お手伝いする活動です。

介護認定を受けられない方、
介護サービスを受けていてもそれだけでは足りない方、
あるいは制度の対象とならないこと・・・

介護保険制度の枠からこぼれてしまうヒトやコトに対して
私たちにできる範囲でサポートをしています。

ただ、「ボランティア」ではありません。
私たち自身が利用する側になるまで末永く続けられるよう
有料のサービスとして提供しています。

ココでつながる こころをつなぐ

小さな家処々はまだまだ歩きはじめたばかりの小さな組織ですが、

介護保険制度からこぼれ落ちてしまい
個人や家族にも担いきれないこと

へのサポート活動を

地域の中で

もっともっと大きく広げていきたいと考えています。