「毎日がアルツハイマー」ファイナル上映会開催!

11月25日(日)三連休の最終日、紅葉ヶ丘公民館で「毎日がアルツハイマー」のファイナルが
上映されました。
認知症になっても、サポートがあれば日常生活は送れるという内容で、元気なうちに本人の意思を
確認するという映画でした。

 

 

上映後スタッフを含め50名が、4つのグループに分かれて意見交換をして、映画の感想や日頃の
思いや疑問を出し合って、活発な意見交換ができました。
自分がどのように死を迎えるかを考えさせられるきっかけになったと言う意見が多くきかれ、また
認知症にはユーモアをもって、少しの距離を置きながら接することが大事だという感想がでていました。

 

お昼からは、美味しいお弁当を食べながら和気あいあいとさらに突っ込んだ話に花が咲きました。
今の現状を話され、すっきりして帰られた方もいらっしゃって、色々な方の話がきけて
とても参考になったなど、このような話す場を設けてとても良かったなと思いました。

 と  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です